スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉狩りついでに稗田神社に行ってきた

もみじがりというと、どう考えても狩られる対象が変わってくる気がします。射命丸様が見てる!

誰も覚えていないだろう昔、阿求≒阿礼=(?)藤原不比等=妹紅パパ説を唱え、いまだに支持している蒼破です。別にどこかで叫んでいるわけではありませんが。このブログのメインと外れているため、メインから長々とは書きませんが、
 稗田阿礼が祭られているという稗田神社(兵庫県たつの市)に行ってきました。神社自体は小さく、古事記の碑が立っている以外には、小さい神社という感じでした。
 朱印帖もないのでお賽銭だけ入れて帰りましたが、解説の看板があり、それにもまた面白いことが書いていました。
 その看板の説明によると、阿礼は猿田彦とアマノウメズノミコトの子孫らしいです。火の鳥シリーズでおなじみのあの方と、アマテラスが岩戸にこもったとき、外で踊っていたアマノウメズノミコトですね。
 昔は稗田神社では猿田彦とアマノウメズノミコトとスサノオが祀られていたのですが、子孫にここを任せたのか、今では稗田阿礼とスサノオが祀られているそうです。
 というか神になってるんですね、阿礼さん。
 日本の神話の系譜に入っているということはもしや諏訪子や神奈子様ともかかわりがあるのかな?ちょっとあっちのほうは調べてないので分かりませんが。
 ただ肉体的にはどうか分かりませんね。閻魔様にもらった体?故に知識としての記憶なのでどこまで神性な存在になりえるのかは分かりませんが、無駄に想像が膨らみます。

 藤原不比等=阿礼説からも想像が膨らみますよね。前も書いた気もしますが、リアル1000年の恋とか。しかも知識としての恋心。記憶が知識としてあるのなら、「不比人の恋☆にっき」をのぞくような形になってむしろ封印しているかもしれませんが。あとは「妹紅のすくすく成長記」とか。
 見てみたいですね
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。